みやまえのこだわり

素材にこだわる

生姜をコンベアで流す画像

最高ランクの「早堀り」生姜を収穫

美味しい生姜を皆様にお届けするために、何はなくとも大切なのは、素材の良さです。
生姜は、3月~5月頃に植え付け、およそ3ヶ月半~4ヶ月後に収穫しますが、収穫時期によって、その性質に微妙な違いが出ます。時間をかけるほど大きく育ちますが、繊維やでんぷん質は多くなります。

繊維やでんぷん質の量によって「ガリ」「ハーフ」「刻み」といった生姜のランクがあり、最も繊維の多い「刻み」は、ガリにすると歯ごたえが悪く、でんぷん質が色合いを濁らせてしまいます。
弊社では、「早掘り」といわれる、栽培してから3ヶ月半ほど経って収穫した生姜を使用しています。これは、よけいな繊維やでんぷん質が少ない、最高ランクの品質です。

一方で、収穫を遅くして大きく育てたほうが、コストパフォーマンスは良くなります。早掘りの高品質の生姜を、できるだけ大きく育った状態で、という頃合いを見極めて原料調達を行っています。

また、原材料となる生姜は現地で一次加工された塩漬けの状態で入ってきますが、弊社の生姜は、他社よりも塩分濃度を低くしています。保存性を保ちながら、生姜の美味しさをより引き出すためのもので、これを実現するには、生姜自体の品質はもちろん、現地の生産者の技術力も求められます。

そのため弊社では、産地や生産者を独自の社内基準によって評価・選定すると共に、サンプルの品質評価、安全性の確認などを行い、合格したものだけを採用します。加工前の素材から、最高のものを妥協なく求める姿勢が、私たちにはあります。


流れてくる生姜をチェック

産地との強い絆が生む、万全の供給体制

当社で取り扱う生姜は、中国やタイなど海外産地から仕入れています。そのため、現地の生産者との綿密なコミュニケーションが不可欠です。

私たちは、毎年3~4月にタイや中国へ足を運び、その年の植え付け状況や産地の耕作面積、気候の見通しなどを自社で調査します。そして、今年の出来はどうか、買い付けのオファーをいつ頃入れれば良いのかなどを見極めます。現地の畑の情報に精通した、信頼の置ける現地パートナーと協力しながら、最適なタイミングで買い付けを行うのです。

この他にも、弊社は年に何度も現地に足を運び、パートナーとの絆を深めています。実は、私たちのように頻繁に海外視察を行うメーカーは、それほど多くありません。

そして私たちが購買活動の中で重視しているのは、生産者との信頼関係です。すなわち、ただ相場を眺めて「安価に調達できるか否か」というのではなく、長期間のスパンで「どうすれば、良い生姜を長く提供してもらえるか」という視点に立つことです。

現地の生産者にとって、自分たちの生姜を買ってもらえるかは一番の関心事でもあり、不安でもあります。そこに弊社が一番に手を上げて「この値段で、これだけ買います」と宣言し、そして約束は必ず果たす。生産者は安心して仕事に励み、また良い生姜を提供しようと努力します。そういった良い循環の積み重ねが厚い信頼関係を築き、今日までの何十年にわたる取引実績に結びついているのです。

私たちは「信頼」こそが、弊社が良い素材をコンスタントに大量調達できる秘訣と考えています。


生姜を水に浸す

最高の生姜をご提供し続けるために

現在、生姜の産地として世界的に最もクオリティが高いのは、中国の福建省です。その次がタイの北部、ミャンマーやラオスとの国境周辺となります。これらの良質な産地において、当社は常に最高ランクの生姜を購入し続けています。

デフレ傾向が続き国内の消費が落ち込む中、私たちの業界でも、多くのメーカーが安価でランクの低い生姜を扱うようになってきました。これが連鎖的に産地の疲弊を招いています。
生姜は年に1回しか収穫できない上、連作障害もあります。折しも中国では外食産業の成長に伴い葉物野菜などのニーズも増えており、採算に合わないからと生姜作りをやめてしまう農家も増えているのが実態です。

現地では、生姜作りのプロフェッショナルが減ってきており、その中で、高品質の生姜を調達し続けていくのは簡単ではありません。しかし私たちは、その努力をたゆまず続けてゆかねばならないと考えております。

最高の生姜漬けを、できるだけ広くお客様に食べて頂くこと。それこそが私たちの使命です。生姜一筋を貫いてきた「みやまえ」ブランドの名に賭けても、品質にこだわった生姜をご提供し続けられるよう努力して参ります。


ホームに戻る